FC2ブログ

アームストロング広場での独り言

牛歩で進むガンプラ道、ヒザを擦るのがバイク道。

’03 RC211V #69 N・ヘイデン車 完成

ども、安々です。

やっとこさ出来上がりました。
なんだかんだで、クリアーは吹かず・・・・・





研ぎ出しもせず、 終了!

研ぎ出しは、試みたんですがね、







思うように光沢が出なかった!

ので、止めました(笑)

では、ご覧ください。

ストリップ1


まずは、ストリップから。今回は、メタパ付きKITを使用。ラジエターやらクラッチカバーとかが
それです。

ストリップ2

ストリップ3


ストリップ4


ラジエター下部とエンジンの半分隠れたゴールド部分が、メタルパーツ。

ストリップ5


チョイ加工でのパイピング。 この辺りは、まだ造り込める部分。実車は伝送系イッパイですから(汗)

ストリップ6


リア周り。リアブレーキディスクは、プラパーツをメタルパーツで挟んだ物。エキパイの焼き色は付けてませんよ。色弱のオイラは、グラデは厳禁!

ストリップ7


クラッチカバーは、こっちの方が分りやすい。基本的に、素組み。造り込む人は、フロントにストロークセンサーとか造るんですよ。

RC211V#69


RC211V#69―2


RC211V#69-3


RC211V#69-4


RC211V#69―5


RC211V#69-6


今回、こんなモノを使ってみました。

リベット


AN社のリベット。MSには使われてる様ですが、コッチでも使えるかなと?スクリーン下の全部で7ケ所。他にも・・・・・

RC211V#69-7


こんなトコロ。ゼッケンの下ね。わかる?

RC211V#69-8


サイドカウルとアンダーカウルの間も、そう。分りにくいトコロで、”RC211V”のロゴの上にある「74」の、更に上に1つ。

写真撮った後に、更にリベットを追加。って言うか、穴だけ開けていたトコロがあったので・・・・・ 総数18個使用。 ニッパー使って切り出すんですが、



刃が、どうかなるかと思ったよ!

流石、ステン?専用が要るか?なんて。

結局、研ぎ出しは失敗。シートカウルとテールカウルの、かみ合わせは悪いし。やっぱり、ガンプラみたいには、いかないね~~ どっちが普通なんだろ?でも、フレームをメッキ処理するんなら、ゲート跡はどうにかしてもらいたいものだ。ステップホルダーの後ろやスイングアームなんかは組んでも見えるんですが?そう言う発想はガンプラ的発想なのか?パーティングラインの処理なんかも気になるトコロ。すでに、3年前のKITなので、改良されていれば良いケド。


でも、当分、ガンプラやりますケドね!!








 ランキング参加してます。気が向けば、 ポチッ と、お願いします。少しはペースが上がるかも?





人気blogランキングへ



スポンサーサイト



  1. 2007/09/22(土) 02:13:07|
  2. ’03RC211V #69
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<’03 RC211V #46&#69 | ホーム | まだだ、まだ、終わらんよ!>>

コメント

こんにちは
バイク完成ですね
細部にいたるまで精密で濃厚な作りに
なってますね
金属的な光沢もきちんと表現されてますし
カウルも凄くいいですよ
私はバイクを作った事は無いのですが
一度は作りたいと思わせてくれました
  1. 2007/09/22(土) 05:59:18 |
  2. URL |
  3. ks #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuyasurx7882.blog80.fc2.com/tb.php/174-b7fa1e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

安々

Author:安々
ロールアウト:197○年6月6日
(ダミアンは、友達ではナイ。小さい頃、UFOが、あっち行ってこっち行って落っこちないか空を見上げてた。)
バイク暦:21年目。CBR250Rで12台目。ヒザ擦り20年ww
ガンプラ暦:30年目。タブン。それ以前は、100円合体モノとかロボダッチ・100円戦艦モノとかから造ってたケド。
積みプラ指数:225機+バイク等10車ぐらい



FC2ブログへようこそ!




FC2カウンター


無料カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

フリーエリア

新規モニター登録 マクロミルへ登録

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析